風邪予防に覚えておきたい5つの基本

北海道札幌市はもうちょっとで紅葉も終わりかな…。
木々の間からお空を見上げることができるようになってきました。
ご近所のお庭では雪囲いが始まっています。

乾燥も進み、喉が不調の方もいることでしょう。
風邪予防は実はとても簡単なことだったりします。

自分でできる!簡単セルフケア
  1. 手洗い・うがい
  2. たっぷりの睡眠
  3. 質の良いバランスのとれた食事

幼稚園児でもできるようなこと。
すなわちこれがセルフケア

①はほとんどの人ができると思います。
マスクだってするし、加湿だってするし。②③はどうかな。

子どもが元気なのは陰陽でいう「陽性のかたまり」であることもモチロンだけど、
この辺がしっかりできているからではないでしょうか…。

たんじゅーーーん。 コドモ、スゴイナ!

子どもがしょっちゅう風邪をひく原因はコチラ

予防薬は身近にある

②③からなぜかハードル上がっちゃう人が大多数。
大人はもちろん、小学校高学年あたりから睡眠に関して、あれこれ気になってきますね。
睡眠はどのくらいの時間が良いとも言い切れませんが、必要になってくるのは質。

しっかり、副交感神経を優位にするということです。

しかし副交感神経とは
自律神経のことであり、これは自分の意識でどうこうできるものでもない。

でも、その働きを妨げないことはできますよ(^^♪

これからの時期、最も簡単なセルフケアはお風呂に入ることも一つの方法。

自分の体の働きを「予防薬」として味方につけちゃおう!

風邪をひきにくくする睡眠のとり方

お風呂で本を読まないとか、寝る前はブルーライト浴びないとか。

お風呂で本を読むって、一見ゆったりしているように見えるのだけれど、活字を追っていくなどは
交感神経が働くので体を緩めることに関しては不十分。

でも心の栄養にはなると思うので、その辺りは個人の感性を大切に。

良質な睡眠を得るための効果的なお風呂の入り方は、

  • 湯船に10分ほど入る(全身の血液が巡るのに7分かかると言われています)
  • 夜に入る(夕方以降では潜在意識が開く時実はここがポイント!)
  • 布団に入る2時間前くらいがベスト(体温が下がる時に眠くなるリズムになっています。

水に触れている時は、特に潜在意識に入りやすくなるそうなので、思いがけず問題の糸口をつかむことができたり、ワクワクのアイデアを思いついたりしやすくなります。
だからなのかここ数年間「眠れない」とは縁がありません。

わたしは22時くらいにお風呂に入ると、そういう傾向にありますね!
午前2時位までがピーク。明け方、まどろんでいる頃まで潜在意識とつながっているようです。
潜在意識とつながると、解放されるようで瞑想と同じような状態になるということですね。

夢ばかり見ていて寝た気がしない、夢見が悪いなどという人はレム睡眠が長いのか、やたらと多くてせわしないのかもしれません。
夢は潜在的な恐れや不安、願望、実世界では体験できないことを体験する、などの場でもあります。

眠剤や抗不安薬の服用により「悪夢を見る」という副作用があるのですが、薬の作用との因果関係は現段階では分かっておらず。臨床的にそういう人が多いんだよねーという報告の基に添付文書には記載されています。
薬で無理やり体の機能を操作して眠らせることはできても心は操作できないのです。
不安の種そのものは解決しているわけではないので、表層に上がってこないように抑え込んでいる不安が上がってきやすくなるのだと思います。

話がずれましたが、

睡眠時は副交感神経が働く時間なので、あらゆる修復をしてくれています。
十分に修復できないまま過ごすともっと厄介なことになりますよね?

例えば、傷ついた車。
応急処置のつもりでテープで止めたとしても、他の場所に干渉してそこを傷つけてしまったりとか、
テープの跡が取れなくて塗装に時間やお金がかかったりとか…。

実はすでに「セルフメディケーション」

みなさんが「セルフケア」だと思って、
ハーブティー飲んでみたり、アロマを焚いてみたりしていることはすでに「セルフメディケーション」

セルフメディケーション

軽い病気や怪我(けが)を医師の治療を受けることなく、
市販薬やサプリメントなどを使って自分で治療すること。

と書かれているものもありますが、かなり意訳です。

本来は
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること

感覚的に選ぶことも、きちんと効能を読みこんで選ぶことも、
整える必要があると体が発信し、その通りにキャッチした自分が選んでいます。

売薬は、ドラックストアに並んでいるものとは限りません。

わたしのおすすめはコチラ

セルフメディケーション税制なるものもありますが、年間¥12000以上も市販薬や検査にお金を
使わなければなりません。

気がついていましたか?
医療は美味しくもなくて、面倒で苦痛な消費です。

ちょっとした心がけで家族みんなが楽しんだり、自分が豊かになるために¥12000使いませんか?

 icon-arrow-circle-right セルフメディケーション税制参考

こじらせないために

「風邪は万病のもと」

あらゆる病気の引き金にになるからこそ丁寧なお手当てをして欲しい。

例えば、呼吸器系の症状は悪化しやすくなりますよね。
肺炎になったり、気管支炎になったり、風邪から咳がずっと続いているという人、すごく多いです。

副鼻腔炎(蓄膿)になる人もいます。 ヘルペスが出る人も。

体力的にもキツく、仕事に影響するなど弊害もある方が楽しい?

「あ、風邪ひいた!」と思った時がチャンス❤
大義名分、周りに気兼ねせずにさっさと仕事を切り上げて眠れる!

風邪予防=風邪ひき名人だったりするのです(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。