コラム

生姜は体を冷やす⁈

立春を過ぎました。これからは三寒四温となり、寒さと暖かさかわ交互にやってきます。カラダを温めることで有名な生姜ですが、実は2つの生姜があって加工によって、呼び方や効果が変わるってことを知ってましたか?春が待ち遠しいですが、北海道札幌市はまだまだマイナスの気温です。引きこもりのお供に生姜茶。

生姜の種類

生姜(しょうきょう)

一般的に知られているのは生姜(しょうきょう)。
生のものをただ乾燥させたもので発汗作用があります。
カーッと熱くなる感じ。それにより汗が出ます。
漢方薬にも多数 配合されていて、代表格は【葛根湯】。
風邪の引き始めに良いというのは、主成分となっている「ジンゲオール」に殺菌力や、吐き気を抑える働き、末梢血管を拡げて手足を温める効果がありためです。この成分の働きで、手足の指先にも血液が行き渡り体を温め、免疫を働きやすくすると共に、発汗させて熱を追い出させます。他には吐き気を止める作用もあります。
この温める効果は表面上だけなので、まだ病の進行がないうちに最も効果があります。

乾姜(かんきょう)

もう一つのタイプは乾姜(かんきょう)。
こちらは蒸したり、湯通ししてから乾燥させます。熱を加える必要があります。カラダの温めるということでは、生姜(しょうきょう)と変わりません。
しかし、熱を加えることによってジンゲオールから「ショウガオール」に変化し、胃腸などお腹まわりの臓器の血行をよくして、体の芯からじんわり温める働きがあります。
吐き気には効果はありません。

使い分け

生姜(しょうきょう)は病状を進ませて早く治癒に向かわせます。
乾姜(かんきょう)は体力が落ちないよう守る力があります。
風邪のひき始め、比較的体力のあるうちには生姜を、
長引いている時は乾姜が良いでしょう。
体を温めようと生姜を積極的に摂った結果、身体が冷えるという現象がおきます。

生姜の身近な効用

カレーをスパイスから作ったことがありますか?
ある方ならお分かりでしょうが、生姜が入っています。市販のルーにも表示されていますので見てみてください。
インドカレーなど、暑い国の食べ物は発汗させてその気化熱により涼しさを感じる工夫がされているのです。体を温めるのではなく、涼しくするため。
マイナスの気温になっている時に生姜を積極的に摂るのは実は、望ましくありません。
乾姜は家でも作れるので試してみると良いですよ。それでも両手でカップを持ってふぅふぅ飲むのはイメージ的にも温まりますよね(^^)

気をつけたい、市販の生姜湯

近所のスーパーで美味しそうなものを見つけましたが、残念ながら馬鈴薯デンプンが入っています。
馬鈴薯デンプンは陰性で体を冷やすので、生姜とプラマイゼロでしょうか…
葛だと良かったのですが、¥298の品ではそれは望めませんね。
裏面の表示を必ず確認しましょう。
他の商品でも「葛入り」とあっても、葛と似たようなとろみを演出するために、馬鈴薯デンプンも入っています。比率もわかりませんしね…
でも添加物がないのが嬉しいです!スーパーなどで手軽に買えるものは生姜配合はの品はおそらく「しょうきょう」でしょう。
フリーズドライの方が工程が少ない分低コストです。
風邪予防として、家では簡単に生のすりおろした生姜と蜂蜜のホットドリンクは最強に美味しいです。
免疫力アップと殺菌効果、血流促進に効果がある飲み物です。
ゆる〜く健康生活 続けましょう。

参照記事:冬の挨拶でわかる!かくれ冷え症

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。